愛知県立守山高等学校

校長挨拶

校訓
今、ここを生かす。

 守山高校ホームページへようこそ。

 守山高校は昭和49年に創立された全日制普通科の県立高校です。今年で創立45周年を迎え、1万人を超える卒業生が各界で活躍しています。

 現在、学校が位置する守山区中志段味地区では、土地区画整理が行われており、庄内川沿いの自然環境を活かした街づくりが進んでいます。街の様子がどんどん変わっていく今、本校も「地域に愛され信頼される学校」として邁進していきたいと考えています。

 本校では校訓の「今、ここを活かす」のもと、人として高校生としての基礎・基本を身につけさせ、「明るく、元気で、爽やかに、当たり前のことができる生徒の育成」を目指しています。生徒の皆さんが、日々の学習、部活動、学校行事等に精一杯取り組める環境は十分に整っています。そして皆さんをサポートしてくれる熱心な先生方がそろっています。

 平成30年度より、2・3年次において「情報活用コース」を「情報ビジネスコース」に改編します。コンピューター操作の習得はもちろんのこと、多くの資格所得に向けて学習していきます。「情報をビジネスに生かせる人材の育成」を目指していきます。

 将来、自分の持っている「夢」をかなえるために、十分な知力・体力と豊かな人間性を培ってほしいと考えています。そのために守山高校では基礎・基本の定着を目指した少人数指導、一人一人としっかり向き合う厳しさの中にも暖かみのある生活指導、将来を見据えたキャリア教育、楽しく思い出に残る学校行事など様々な教育活動を実践し、充実した高校生活の実現をお手伝いしています。



“守山高校は、がんばっている生徒、がんばろうと思っている生徒を応援します!”



平成30年4月
愛知県立守山高等学校
校長  橋本 英一

校訓「今 ここを 生かす」